logo

044-277-5511

文字の大きさ

 

放射線科

放射線科

放射線科は、各診療科の医師・外来看護師などと連携して、単純X線検査・CT検査・MRI検査・造影/透視検査・乳房撮影(マンモグラフィ)・血管造影検査・心臓カテーテル検査・骨塩定量検査など様々な検査を行っています。
撮影した画像は速やかに院内ネットワークで配信され、外来や病棟のPC端末で担当医がいつでも画像情報を簡単に閲覧することができます。
また、地域の医療機関の先生方からのCT、MRI検査などの依頼も積極的に受付けております。

housyasen_01
東芝メディカル Aquilion CXL

CT(Computed Tomography)装置

CTとはコンピュータ処理された断層画像のことです。基本的に水平断といわれる輪切りの画像を提供しますが必要に応じて冠状断、矢状断、3D(3次元)画 像など任意の画像を構築できます。また、当院の64列マルチスライスCTでは、冠動脈(心筋を栄養する動脈)や心臓そのものを描出する事に長けており、ま たその他の部位についても高精細な画像を短時間で得ることが可能です。

housyasen_02GE Helthcare Signa HDxt1.5T

MRIMagnetic Resonance Imaging;磁気共鳴画像)装置

MRI(Magnetic Resonance Imaging;磁気共鳴画像)とは、強力な磁力(当院の装置は1.5テスラ)を利用して生体内部の情報を画像化する方法で、必要に応じた任意の断面像が 直接得られ、様々な撮像手技を用いることでCT検査とは異なる情報が得られます。
また、血管を描出するMRA(MR Angiography)と呼ばれる画像を比較的簡単に(造影剤を使用せずに)撮像する事もできます。

housyasen_03東芝メディカル DREX-ZX80/J1

X線透視装置

X線透視検査とは、主に一般のレントゲン写真では写らない部位を、造影剤と呼ばれるものを使用して、X線透視のもと目的の部位を確認しながら撮影していく検査です。またX線透視は、様々な検査や処置(骨折の整復など)の補助的役割としても用いられています。

housyasen_04コニカミノルタ Mermaid

乳房撮影装置(マンモグラフィ装置)

マンモグラフィは丸い乳房を平らに広げて(圧迫して)撮影を行いますので、少し痛い検査です。なるべく薄く延ばしたほうがボケや重なりが少なくなり、より鮮明な画像が得られ被ばく量も少なくなります。検査の際は少しの間、我慢して御協力をお願いいたします。
当院では、精度管理中央委員会の認定を受けた女性技師が撮影いたしますので、安心して検査をお受けください。

housyasen_05HOLOGIC QDR Discovery Ci

骨塩定量測定装置

当院では骨祖鬆症(こつそしょうしょう)の予防・治療効果の判定や経過観察などに骨密度測定を行なっています。
骨祖鬆症とは、骨塩量(骨密度)が低下して、骨の内部が、弱くなる骨の病気です。骨祖鬆症になると、骨折しやすくなり腰や大腿骨などを骨折してしまった場 合、寝たきりになってしまうこともあります。お年寄り、特に閉経後の女性に多い病気です。早期発見のためにも検査を受けることをお勧めします。
基本的には腰椎、股関節(大腿骨)で測定を行い検査時間は5分程度寝ていただくだけで簡単に検査が行えます。