logo

044-277-5511

文字の大きさ

 

形成外科

形成外科

形成外科とは体に生じた組織の異常や欠損または整容的な問題に対し外科的手法を用いてより正常に、より美しくする専門領域です。

対象疾患は良性皮膚腫瘍、悪性皮膚腫瘍、熱傷、瘢痕(傷跡)、顔面外傷など様々です。

どの科で相談すれば良いのか、または病気ではないので病院に行く程でもないとお考えの事も形成外科で治療できる可能性があります。

例えば原発性腋窩多汗症と腋臭症です。 脇汗とワキガの方が分かり易いかもしれません。脇汗は外用や内服、最近ではボトックス®(A型ボツリヌス毒素)の注射も保険適応となり以前では美容外科に行かないとできなかった治療も病院で保険診療として行えるようになりました。 当院では美容外科で使用するような非常に細い注射針を導入しており、痛みに弱いかたも安心して治療を受けて頂けます。ワキガに対しては手術をすることでにおいを軽減することができます。

眼瞼下垂は特にご高齢の方で困っていらっしゃる方は多いと思います。症状は目が開きにくい、上を見ようとすると皮膚が邪魔で見えにくいなどがあります。 眼瞼下垂があると眼を無理に開こうとする為に額に皺が寄り、頭痛や肩こりの原因となるとも言われています。 眼瞼下垂は皮膚に原因がある場合と瞼を挙げる機能に問題がある場合で手術方法が異なり、症状にあった適切な治療を行います。

美容外科での経験を生かし、シミに効果のあるハイドロキノンクリームやピーリングを開始致しました。
皮膚に関するお悩みがありましたら一度御相談下さい。

担当医

dr_natori 形成外科部長: 名取 悠平
順天堂大学卒(2003年卒)
主な経歴: 平成15年 順天堂大学卒業
順天堂大学附属順天堂医院 形成外科入局
平成18年 順天堂大学附属順天堂医院 形成外科 助手
平成22年 順天堂大学附属順天堂医院 形成外科 外来医長
平成26年 川崎南部病院 形成外科
所属学会: 日本形成外科学会
創傷外科学会
日本マイクロサージャリー学会
日本美容外科学会
日本乳房オンコプラスティックサージャリー学会
日本褥瘡学会
資格/専門医: 医学博士
日本形成外科学会専門医
日本美容外科学会専門医(JSAS)

 

dr_men

非常勤医師:

福田 太郎

 

dr_women

非常勤医師:

清水 梓

 
tantoui_btn