044-277-5511

文字の大きさ

 

呼吸器外科

呼吸器外科

呼吸器センター
気胸センター
健診精査外来
禁煙外来
呼吸器科 パンフレット
▶ AOI Times 2020 春号 特集ページ
外来担当表

呼吸器外科では、原発性肺癌や自然気胸など、外科治療が必要な呼吸器疾患全般に対して診療を行っています。東邦大学呼吸器外科と連携して治療を行ない、胸腔鏡を用いた低侵襲手術や術前術後のリハビリテーションによる安全な周術期管理を実施しています。
検診で胸部異常陰影を指摘されたかたや、咳や胸痛などご心配のあるかたは、遠慮なく外来でご相談ください。受診当日にすぐ胸部CTなどの精査が可能であり、御紹介頂きました近隣の先生方へも速やかにご報告させて頂きます(最終説明は後日になります)

主な対象疾患

  1. 原発性肺癌
  2. 自然気胸および嚢胞性肺疾患
  3. 転移性肺腫瘍
  4. 縦隔腫瘍(胸腺腫、神経原性腫瘍など)
  5. 胸壁腫瘍
  6. 悪性胸膜中皮腫
  7. 膿胸
  8. 胸部外傷

担当医

dr_hata 副院長:秦 美暢(はた よしのぶ)
東邦大学医学部 外科学講座呼吸器外科学分野 客員教授
防衛医科大学校(1986年卒)
資格/専門医:
所属学会
日本呼吸器外科学会 専門医・評議員
日本呼吸器内視鏡学会 専門医・指導医・評議員
日本臨床細胞学会 評議員
日本外科学会 専門医・指導医
日本胸部外科学会 認定医
日本がん治療認定医機構 認定医
日本肺癌学会
日本気管食道科学会
International Association for the Study of Lung Cancer(IASLC:国際肺癌学会)
厚生労働省臨床修練指導医
小林 ゆかり
宮崎医科大学(現 宮崎大学)(1988年卒)
資格/専門医:
所属学会
医学博士
日本外科学会 専門医
日本消化器外科学会 専門医・指導医
日本消化器内視鏡学会 専門医・指導医
日本消化器病学会 専門医・指導医
日本がん治療認定医機構 認定医
日本病院総合診療医学会 認定医
dr_men 非常勤医師:
伊豫田 明 (東邦大学医学部 外科学講座呼吸器外科学分野 教授)
資格/専門医:
所属学会
日本呼吸器外科学会 専門医・指導医・評議員
日本外科学会外科 専門医・指導医
日本胸部外科学会 指導医
日本臨床細胞学会 専門医・評議員
日本呼吸器内視鏡学会 専門医・指導医・評議員
気管食道科学会 専門医
日本がん治療認定医機構 認定医
肺がんCT検診 認定医
厚生労働省 臨床修練指導医
日本医師会認定産業医
dr_men 非常勤医師:
佐野 厚 (東邦大学医学部 外科学講座呼吸器外科学分野 講師)
資格/専門医:
所属学会
日本呼吸器外科学会 専門医
日本外科学会外科 専門医・指導医
日本呼吸器学会 専門医
日本呼吸器内視鏡学会 専門医・指導医
日本移植学会 移植認定医
日本DMAT隊員
非常勤医師:
東 陽子 (東邦大学医学部 外科学講座呼吸器外科学分野 講師)
資格/専門医:
所属学会
日本呼吸器外科学会 専門医
日本外科学会 専門医
日本がん治療認定医機構 認定医
非常勤医師:
大塚 創 (東邦大学医学部 外科学講座呼吸器外科学分野 助教)
資格/専門医:
所属学会
日本呼吸器外科学会
専門医日本外科学会
専門医日本がん治療認定医機構 認定医
dr_men 非常勤医師:
肥塚 智 (東邦大学医学部 外科学講座呼吸器外科学分野 助教)
資格/専門医:
所属学会
日本呼吸器外科学会 専門医
日本外科学会 専門医
dr_men 非常勤医師:
坂井 貴志 (東邦大学医学部 外科学講座呼吸器外科学分野 助教)
資格/専門医:
所属学会
日本呼吸器外科学会 専門医
日本外科学会 専門医

呼吸器センター

呼吸器内科と呼吸器外科の専門医が定期的にカンファレンスを行い、毎日の診療においても緊密に連携をとっています。内科と外科の両面から、ひとりひとりの患者さんに最も適した治療方針を検討し、質の高い医療を実施しています。
外来診療においても、月曜から土曜まで、呼吸器内科や呼吸器外科などの専門医資格を有する専門医(常勤4名・非常勤9名)が対応しております。

気胸センター

さまざまな原因で肺の一部が破裂して肺が虚脱する病態を気胸と呼びます。突然の胸痛や息苦しさを感じることもあれば、健診で発見されるまで気がつかないこともあります。虚脱の程度が軽度であれば安静で良くなることもありますが、虚脱が中等度以上であれば入院して胸腔ドレーンという管を入れて肺をひろげる処置が必要となります。
肺からの空気漏れが続く場合や再発を繰り返す場合は、手術が勧められています。胸腔鏡を用いた低侵襲手術を行っており、手術室と調整して早期治療と早期退院を目指しています。
20歳前後の若い男性に多い自然気胸のほか、肺気腫など肺病変に伴う続発性気胸や、転倒や交通事故に伴う外傷性気胸にも対応しています。稀に女性にみられる月経随伴性気胸やリンパ脈管筋腫症(LAM)などの特殊な気胸に対しても、当院産婦人科や東邦大学大森病院と連携して治療を行っています。

健診精査外来

当院健康管理センターや他院健診センターなどで胸部異常陰影を疑われたかたは、当科外来に御相談下さい。受診当日に胸部CT検査で異常の有無を確認できます。ただし、最終説明はCT報告書を確認したうえで、後日もう一度受診して頂くことが望ましいです。
一般的に肺がん検診の精査で肺がんが確認される確率は2%~3%程度と言われています。肋骨や肺血管などが重なり合って影のように見える場合(合成像)や、昔の肺炎などの痕が残っている場合(陳旧性陰影)が少なくありません。健診で発見される肺がんは比較的早期で治療効果も高いことが多いので、疑われた時には早めに受診することをお勧めします。健診結果が手元になくても受診して頂くことは可能ですので、ご心配なかたは遠慮なくご相談下さい。

禁煙外来

禁煙をしたい方は当院の禁煙外来でご相談ください。決められた条件を満たす方は、健康保険を使って禁煙治療を受けることができます。電話でお問い合わせ下さい。
 禁煙外来開始の条件:1)ニコチン依存症(判定テストが5点以上)、2)喫煙指数が200以上(1日の本数×年数)、3)ただちに禁煙を始める意思がある、4)禁煙治療に文書で同意する。
 その他の注意:過去に健康保険で禁煙治療を受けたことがある方は1年経過していることが必要です。内服治療は、抑うつ傾向のかたや車を運転するかたには難しい場合があり、パッチによる治療も選択できます。治療開始後は、3か月間定期的に受診する必要があります(例:初診から2週目、4週目、8週目、12週目)。3か月の治療終了後は希望により自費で3か月処方継続することも可能です。

担当医表

呼吸器内科
午前 澤田 哲郎 古谷 賢太 小林 信明
(横浜市大)
金子 猛
(横浜市大呼吸器内科教授)
澤田 哲郎 本間 栄
(東邦大 間質性肺炎センター長)
午後 / 古谷 賢太 小林 信明
(横浜市大)
仲村 泰彦
(東邦大)
/ ---
呼吸器外科
午前 伊豫田 明
(東邦大呼吸器外科教授)
小林 ゆかり 佐野 厚
(東邦大)
秦 美暢
坂井 貴志
(東邦大)
秦 美暢 交代制
(東邦大)
午後 交代制
(東邦大)
小林 ゆかり
肥塚 智(東邦大)
佐野 厚
(東邦大)
坂井 貴志
(東邦大)
/ ---

tantoui_btn

AOI Times 2020春号

詳細は画像をクリックすると
ご覧いただけます。