logo

044-277-5511

文字の大きさ

診療担当医について

診療担当医について

私は日本大学総合科学研究所教授を務めさせていただいており、現在、関節リウマチや変形性関節症に悩んでおられる多くの患者様の治療にあたっています。

関節の痛みは歩けなくなるなど、生活に大きな支障をもたらします。治療の際は、薬物療法やリハビリテーションはもとより、最終的な治療法である「人工関節置換術」を数多く実施しております。「人工関節置換術」とは痛んだ関節を金属や特殊なポリエチレン、セラミックなどの器具に取り換え、関節の動きを取り戻す手術のことです。

私が開発したFNK型人工関節は、現在までに10.000関節以上使用され、良好な成績を収めています。

地域の皆様がお気軽にいつでも受診して頂けるよう、当院「AOI国際病院」をまずは健康の窓口としてご利用いただければと考えております。

 

DrRyuJyn2

龍 順之助

日本大学昭和44年卒業

現 日本大学総合科学研究所 教授

資格日本整形外科学会専門医(昭和57年5月)
日本整形外科学会認定リウマチ医、認定スポーツ医(昭和61年12月)
日本リウマチ学会専門医 リウマチ指導医(昭和63年5月)
日本リハビリテーション医学会 臨床認定医(昭和63年5月)
日本手の外科学会専門(平成19年4月)
経歴昭和44年03月  日本大学医学部卒業、整形外科学教室入局
昭和48年03月  日本大学大学院医学研究科卒業
昭和55年06月  昭和56年9月 米国留学(Massachusetts General Hospital、Harvard大学)
平成05年02月01日 日本大学医学部整形外科 助教授
平成10年11月01日 日本大学医学部整形外科 主任教授
日本大学板橋病院整形外科兼リハビリテーション科 部長
平成21年03月31日 日本大学医学部整形外科 主任教授 退任
平成21年04月01日 日本大学総合科学研究所 教授
平成23年10月01日 龍東京国際クリニック院長
平成23年12月    日本大学名誉教授 現在に至る
所属学会日本整形外科学会、日本リウマチ学会、日本手の外科学会、日本関節病学会
日本膝関節学会、東日本整形災害外科学会、日本臨床リウマチ学会
小児整形外科学会、日本関節症研究会、関東整形災害外科学会、日本股関節学会
日本リハビリテーション学会、日本人工関節学会、リウマチの外科研究会
アメリカ整形外科学会会員(AAOS)、アメリカ整形外科基礎学会会員(ORS)
ヨーロッパリウマチ外科学会会員(ERASS)、アメリカ股膝関節外科学会会員(AAHKS)
西太平洋整形外科学会会員(WPOA)
学会役職日本整形外科学会:名誉会員
東日本整形災害外科学会:名誉会員
日本関節病学会:名誉会員
日本リウマチ学会:評議員
日本手の外科学会:特別会員
日本肘関節学会:名誉会員
JOSKAS:名誉会員
日本人工関節学会:名誉会員
リウマチの外科研究会:評議員
関東整形外科災害外科学会名誉会員
主催学会第19回 東日本リウマチ外科研究会 会長
第15回 肘関節研究会 会長
第8回 日本関節症研究会 会長
第52回 東日本整形災害外科学会 会長
第31回 日本リウマチ関節外科学会 会長
第44回 関東整形災害外科学会 会長
第51回 日本リウマチ学会 会長
第32回 日本膝関節学会(JOSKAS 2007) 会長
第38回 日本人工関節学会 会長  関東ラグビーフットボール協会医務委員(昭和44年より)