仕組み

仕組み|高精度放射線治療とは

高精度放射線治療装置

当クリニックでは、アメリカのV社とドイツ のB社が共同開発した最新のリニアック(放射線治療装置)を用いて治療を行っています。

この装置はエネルギー6/10MVの医療用直線加速装置で、定位的な放射線治療(脳・体幹部定位放射線治療(SRT)、強度変調放射線治療 (IMRT)など)を行うために開発された治療装置です。また、革新的な画像誘導装置(B社)により高精度な IGRT(画像誘導放射線治療)を実現します。

放射線治療では、いくら精度の高い装置を使っても、患者の位置がずれてしまえば、正確な治療は行えません。高精度放射線治療装置では、患者の位置をX線撮影 と赤外線監視カメラを使って自動的に高精度に計測可能です。これらの画像誘導から、治療部位の位置決めを自動的に高精度に実施します。X線位置決め装置は 自動重ね合わせ作業で腫瘍位置を特定します。2方向からのX線で患者体内構造を撮像することで治療位置を決定します。1mm以下の精度で腫瘍位置を特定で きることから、周囲の正常な細胞への照射を最小限に留められる事を特徴としています。

自動画像解析ソフトは治療計画で撮像したCT画像とX線撮影で得た画像との自動重ね合わせ作業を行い、差分を計算します。6Robotic CouchX線位置決め装置の撮像画と治療計画のCT画像の自動重ね合わせ作業で得た差分量を自動的に稼動して治療部位の位置を修正し設定します。補正 は「上下」「左右」「前後」方向を1mm以下にします。「チルト」「ロール」「ピッチ」方向を1°以下の精度で自動管理します。赤外線カメラは患者の動き を治療部位の位置決めから治療中、治療終了までリアルタイムに追尾し監視します。

輪郭取得はB社製『輪郭作成専用アプリケーション』によりCTMRPETの画像を再構成し、腫瘍の輪郭や周辺正常臓器の輪郭を作成します。放射線治療 計画はV社『放射線治療計画専用アプリケーション』を用いて、最適な治療方法を選択します。病変部に集中 して高線量を照射し、周囲にある危険臓器や正常細胞を避けた高精度の治療計画を作ります。