X線CT装置

X線CTについて

当クリニックが導入している装置は、米国社製の16列マルチスライスCTです。X線を用いて頭部や胸部、腹部など断層画像を撮像する装置です

 

特徴 

  • 短時間で広範囲の検査を行えますlightspeed16_ct
  • 従来のCT装置のガントリに比べ10cm開口を広げたことで、放射線治療に要求される様々なポジショニングでの撮影が可能
  • 放射線治療時に必要な固定具・器具などを装着したままでCT撮影を行うことにより、治療精度を向上させることが可能となりました。
  • 呼吸による動きを加味した4次元CTを撮影することで、肺や上腹部といった部位に対し腫瘍や正常臓器の動きを考慮した放射線治療計画を行うことができるシステム構成

 

 

 

検査中の注意事項

  • 検査時間は概ね数分~30分程度です(検査部位や条件によって異なります)。
  • 出来るだけ体を動かさないでください

検査の前に

  • 検査着に着替えていただきます。(検査部位によっては、更衣がない場合があります・)
  • 取り外し可能な金属類、プラスチック類はすべて外していただきます(義歯、補聴器など)。
  • 湿布、テープ類の張り薬類は外していただきます。

次のような方は検査を受けられない場合があります。詳しくは医療スタッフまでご確認ください。

  • 心臓ペースメーカーを留置されている方(除細動が可能なタイプ)
  • 妊娠中もしくは妊娠の可能性のある方
  • 閉所恐怖症の方

造影剤使用について

検査では、造影剤という薬剤を使用する場合があります。

  • 検査の精度を高めるために造影剤という薬剤を使用して行う検査です。
  • 造影剤は注射または経口にて投与します。
  • 検査4時間前から絶食をしていただきます。
  • 副作用が生じる場合があります。(副作用の詳細は、こちら

 

back_icon