超音波検査

超音波検査(エコー)について

当クリニックが使用している超音波装置は、日立メディコ社製(日本)のIVISION PREIRUSです。超音波を検査部位に当て、その反射(エコー)を利用して臓器をリアルタイムに画像化する検査のことです。当クリニックでは、超音波検査は女性の診療放射線技師が行っております。

特徴 lightspeed16_ct

  • 検査で使用する超音波は、人の耳には聞こえない高い
  • 周波数の音波で人体に無侵襲検査です
  • 放射線による被ばくが無く、安全で繰り返し検査をすることが可能
  • 様々な部位の検査が可能(頸部、腹部、乳腺、心臓など)

検査前の注意事項

  • 検査時間は絶食にて行います。
  • 観察しやすくする為に呼吸を調節(吸う、止めるなど)していただきます。
  • 必要があれば寝る向きをかえていただきます。
  • 下腹部検査は尿が溜まった状態の方がより観察できますので、なるべく検査前の排尿は我慢していただきます。

検査部位

検査部位 検査する組織
頸部 甲状腺、頸動脈
腹部 上腹部 肝臓、胆のう、膵臓、腎臓、脾臓など
下腹部 膀胱、子宮、卵巣、前立腺など
乳房 乳腺