logo_hieda_h1

083-251-2121

文字の大きさ

 

アルコール依存症

アルコールミーティング

 アルコールミーティングはなぜ必要なのでしょうか?それには、アルコール依存症という病気が深く関与しています。アルコール依存症という病気は、自分の飲酒行為をコントロールすることが出来ません。アルコール依存症に特有の『病的な飲酒要求』が、アルコール依存症を引き起こします。自分は『お酒を飲まないと生きていけない』と思い込み、自分にはアルコールが必要なのだと思い、『アルコールがあるからこそ、自分は生きていられる』などと錯覚するのです。だからこそ自分の飲酒が問題飲酒であることに気付かず、自分の飲酒行為が病気だという自覚が出来ないまま、家族と自分を破滅に追いやっていきます。こうして病的飲酒を繰り返し、その先にあるのは、全てを失った孤独の道だけです。友人が離れ、家族を失い、お金も失い、ついには命までも失いかねません。

 残念ながらアルコール依存症には特効薬がありません。ですが、アルコール依存症は回復可能な病気です。アルコール治療によって依存症を克服し、新たな人生を生きることができます。

 自分ひとりで断酒を継続しても、いずれまた再発するのが現実です。ひとたび再発すると、なかなか元には戻れません。またまたゼロからのやり直しです。アルコール依存症はれっきとした病気ですから、治療を受けなければ自然のままでは治っていかないものです。

 アルコール依存症から回復するには”仲間”が必要です。同じ苦しみを共有できる仲間と、専門の知識を持った医療スタッフが必要となります。これを同時に得られるのが「アルコールミーティング」なのです。アルコールミーティングに参加するたびに断酒の決意を再度自覚し、高いモチベーションを長く維持することが できます。

 当院では、アルコール依存症の患者様が、地域の中で、そのひとらしく生きていけるお手伝いとして、H17年1月よりアルコールミーティングを開始しました。

alimg001

 参加者の年齢や性別、生活環境は異なりますが、アルコール依存症から回復するために参加を続けていらっしゃいます。今、お酒で苦しんでいるご本人やご家族の方がいらっしゃいましたら、当院の相談員までお気軽にご相談ください。

苦しみに耐える力を、相談する力に変えてみませんか?
お待ちしております。

《アルコールミーティング開催日

毎週火曜日 15:00~16:00 テーマミーティング
毎週土曜日 10:30~11:30 初心者ミーティング 

 アルコールミーティングへの参加以外にも、アルコール依存症についてお悩みの方がいらっしゃればお気軽にお声がけください。