logo

04-7131-2000

文字の大きさ

 

眼科

眼科

白内障とは

   白内障は、眼球内の水晶体、カメラで例えれば、レンズの濁りを指します。
その濁り方は様々で、羞明、かすみ、暗闇での感度の低下、場所によっては視力自体急速に悪くなる場合もあります。

 

治療法

   本当の初期症状の方で、不自由のない方は目薬で様子を見る場合もありますが、
完全に治癒させるには、手術しかありません。

白内障手術について

 麻酔は、局所麻酔で、主に目薬で麻酔をします。

 手術は、だいたい30分くらいあれば終了しますが、白内障の程度にもより、時間には、個人差があります。
 おおかた、進行していない白内障については、時間的にも短時間で終了し、術後回復も早いです。

 ただし、手術は手術なので、術後ある程度安静は必要となりますし、合併症についても0%ではありません。
 ですので、当院では時間の早さよりも合併症を起こさないこと、痛くない術を優先しています。

 

手術の相談、手術日など

   白内障手術など眼科手術相談については、外来医師並びにスタッフにお声がけいただければ幸いです。

 手術は、第1、第3木曜日に行っています。

 基本的に日帰りですが、入院(病床があいていれば入院手術)も可能です。