03-3881-9211 

文字の大きさ

 

各病棟のご紹介

一般障害者病棟(看護配置 10:1)

◆2階B病棟(59床)

主に重度の肢体不自由の方、重度の意識障害の方が入院されています。
『カンファレンスを通し、情報を共有することにより患者さまにとって安心・安楽・安心な看護について考え、実践できる』を病棟目標にあげ、多職種との連携を大切にチームで協働しています。
また、私たちの病棟では、子育て世代のママさんナースが多数活躍しており、家庭を持つスタッフにとっても働きやすい職場です。

療養病棟(看護配置 20:1)

長期にわたり療養生活を送られる、高齢でADL全介助の患者さまが多く慢性期から終末期の看護がメインとなります。

◆2階A病棟(60床)

『病棟全体で情報を共有し、統一した看護・介護ができる』を病棟目標にあげ、患者様に安心して心地よい療養生活を送っていただけるように工夫しています。看護師・看護助手が共同でウォーキングカンファレンスを行い、ベッドサイドで患者様の状態や変化を見ながら、必要な保清ケア・スキンケアを提供するための計画を立てて実践しています。
患者様にもスタッフ同士も、笑顔で声を掛け合う明るい病棟です。

◆3階B病棟(59床)

長期入院でベッド上安静の患者様が多い病棟です。
スタッフは、カンファレンスや勉強会を通して患者様に寄り添った看護が行えるよう日々奮闘しています。また、患者様の安全・安楽を一番に考え、ベッド周りの環境整備に力を入れ、看護研究に取り組んでいます。
少しでも患者様の離床に繋がるように多職種と協力し、車いす乗車を促し、病棟内を車いすで散歩する時間を作っています。車いす乗車が難しい患者様には、ベッドのままデイルームへ移動し、音楽を聴いたりテレビを観たり等のレクリエーションを行っています。私たちの病棟では、スタッフ同士の友好なコミュニケーションを基本として明るく楽しい病棟作りを目指しています。

◆4階A病棟(60床)

『情報を共有し、統一した安全で安楽な看護・介護ができる』を病棟目標にあげ、患者様の状態や必要なケアを病棟全体で把握できるようにカンファレンスを定期的に行い、記録を充実させています。また、患者様に提供するケアに差がないようスタッフ間のコミュニケーションを大切にしています。
患者様やご家族が安心して療養生活を送れるように笑顔で挨拶し、ケアの際も声を掛けながら行うよう心掛けています。

◆4階B病棟(59床)

ダークブラウンを基調とした壁や床の落ち着いた雰囲気で、スタッフ同士仲も良くアットホームな病棟です。
『清潔ケアと体位変換を充実してスキントラブルを予防する/情報を共有し統一したケア提供ができるようにスタッフ間のコミュニケーションを図る』の2つの病棟目標を掲げ、快適な療養生活・安心安全で質の高いケア提供に向けスタッフ一丸となって取り組んでいます。

外来

内科・整形外科の診療介助をメインに、各種検査および内視鏡・ペイン外来・手術などの介助・看護を行っています。また、午後は入院患者さまのケアにも携わっています。少人数ですが、チームワークの良い職場です。
外来の患者さまは主に近隣のシニア世代の方が多く、アットホームな雰囲気です。
患者さまの変化に気づき、在宅療養のお手伝いができるよう、地域に根差す外来を目指しています。