logo_sendai-hsp

022-380-1000

文字の大きさ

リハビリテーション科

【当院リハビリテーション科概要】

 当院リハビリテーション科では、入院及び外来において回復期~維持期の様々な疾患を対象として、患者様やご家族様のご希望やご要望に基づいたリハビリを提供しております。維持期の患者様に対しては、身体機能の維持や入院生活の楽しみの場の提供の役割を担うことが大きいですが、回復期で自宅退院を目指している患者様に対しては、家庭・社会への早期復帰に向けて、心身機能の改善に加え、日常生活に必要な各種動作(更衣・移動・排泄等)の早期獲得を目指し日々取り組んでおります。よりよいリハビリを提供するため定期的にカンファレンスを行い、他職種と連携を図りながら患者様の状態に合わせたリハビリを実施しています。

 また、必要に応じて退院前にご自宅へ訪問をさせていただき、住宅改修に対する助言や動作の指導などを行い、病院生活から在宅生活へ円滑に移行できるよう努めています。(訪問には一定の条件があります)

 外来患者様につきましては日常生活の中でリハビリを行っていただけるよう、ご自宅でできる運動の提案などをさせていただきます。

 

【施設基準と主な疾患】

脳血管リハビリテーション(Ⅰ)

脳梗塞などの脳血管疾患やパーキンソン病などの神経筋疾患など

運動器リハビリテーション(Ⅰ)

骨折や変形性関節症などの整形外科疾患や関節リウマチなど

廃用症候群リハビリテーション(Ⅰ)

内科疾患・呼吸器疾患などにより生じた廃用症候群

 

【人 員】

職種

人員

理学療法士(PT)

21名

作業療法士(OT)

9名

言語聴覚士(ST)

4名

 

【各部門紹介】

理学療法

主に寝返り~起き上がりなどの日常生活を行う上で基本となる動作の獲得や車椅子駆動、歩行などの移動動作の早期獲得を目指し、運動療法を中心としたリハビリを行ないます。痛みのある患者様に対しては痛みの軽減を目的にホットパックなどの物理療法なども行います。

 

作業療法

食事、トイレ、入浴などの日常生活に必要な動作の訓練や掃除、洗濯などの家事動作の訓練などを行います。必要に応じて自助具の作成なども行い、患者様の日常生活の支援を行っていきます。また、運動に加え、手芸や塗り絵などの各種作業を通じて、認知機能の維持を図り認知症の予防に努めます。

当院リハビリテーション室には、自宅での生活を想定した訓練できるよう、訓練用浴槽や調理室、和室などを完備しており、退院後の生活に対する不安が少なくなるよう努めています。

 

言語聴覚療法

食べ物を食べたり飲んだりすることが困難となる「摂食・嚥下障害」、言葉が出てこない、又は理解ができなくなる「失語症」、正しい発音ができないため上手に話せなくなる「構音障害」など、口や頭の機能に関連するリハビリを行ないます。

中でも「摂食・嚥下障害」に対しては、少しでも口から食べることや安全に食事ができることを目指しており、栄養士や看護師と協力して食事内容などについて検討します。また、唾液や食物が気管に入ることで起こる「誤嚥性肺炎」を予防する目的で口腔ケアなども行います。