logo_sendai-hsp

022-380-1000

文字の大きさ

 

看護部

看護部

看護部長あいさつ

「患者さんに寄り添い、思いやりのある看護の実践!」

 看護部が目指しているのは、患者さんに寄り添い、個別性を尊重した患者中心の看護を提供すること、専門職として責任ある行動をとることです。そのために、私たちは「優しく思いやりをもつこと」「提供する看護に根拠をもつこと」「倫理観や判断力を養うこと」と考え、教育に力を入れて行きたいと考えております。そこで、看護師・介護職のキャリアラダーを取り入れた教育体制を整備しました。

 また、急性期を脱しても尚、手厚い看護・介護が必要とされる患者さんが、安心して過ごせるようチーム医療を行っております。今後も患者さんや家族に寄り添い、自分の大切な人を安心して任せられる病院となるよう努めてまいります。

                                     看護部長

                                     認定看護管理者 佐藤 愛子                              

看護部理念

安全・安心で質の高い看護を提供すると共に、患者に寄り添い思いやりのある看護の実践

基本方針

1.患者の生命の尊厳と人権を尊重した、思いやりのある看護を提供します。

2.患者の個別性を尊重した看護の展開とチーム医療を推進します。

3.専門職として自己研鑚に努め、能力向上に努めます。

4.業務改善を行い、安全で働きやすい職場環境づくりに努めます。

5.組織の一員として、積極的に病院経営に参画します。

めざす看護師像

◎医療環境の変化に応じた生涯教育

医療職業人としての専門性を高め、質の高い看護サービスを提供出来る看護師をめざす。

1.専門的知識(サイエンス)・技能(アート)をもって、個別性や創造性に富んだ看護が提供できる

2.自己のキャリア開発に積極的に取り組み、自己の目標を達成することができる

3.人間性を豊かにして、医療人、組織人としての責務を果たすことができる

目標管理の5つの柱

目標管理の5つの柱

平成31年度看護部目標

1.専門職としての資質の向上

 ①目標管理による人材を育成する

 ②キャリアラダーに沿った教育の実現

 ③リーダー教育を構築しチームナーシングを充実させる

 ④臨床指導者の役割を理解し最適な実習環境を整える   

2.多職種と連携し、よりよいチーム医療の充実

 ①介護職との協同業務の充実を図る

 ②他職種との連携のためのカンファレンスの充実を目指す

3.安全で安心な看護の提供  ①業務改善策を行い安全な職場環境作りを行う

 ②個別性を踏まえた行動制限の最小化

看護師の声

看護師の声

教育体制

看護師キャリアラダー