看護部

 

教育プログラム

教育プログラム

看護教育プログラム

教育・研修

病院の理念・看護部の理念を基盤とし、医療チームの一員として質の高い看護実践ができる人材の育成をするため、充実した院内教育プログラムを準備し、教育が看護実践に結びつくような体制を整え、より質の高い看護の提供を目指しています。
一人ひとりが自己成長を実感できる組織作りで自己啓発を促しています。

目標管理

各自がそれぞれに目標をもって取り組み、看護長との面接を通じてキャリアアップを図っています。
目標による管理は、一人ひとりの目標を果たすことが組織目標を果たすことにつながり、「自分は組織の一員である」という組織人としての自覚をもたらすことになります。また、目標の設定段階から達成に向けて取り組む過程をチームスタッフの全員で支援しています。
これは、気づきや自発的行動を促し関わる人たちの成長につながります。直接的・間接的な人間関係において双方向の継続的なコミュニケーションも必要とされ、お互いの学びになっています。

program

卒後継続教育システム

質の高い看護を提供するために、看護専門職業人として生涯にわたって自己の能力を開発するための支援を行うことを目的としています。

▶ レベルI・・・卒後1~2年後

【1年目】
1.日々の看護実践に必要な知識・技術・態度を身に付け安全で確実な看護を提供できる。
2.チーム医療を提供する一員としての役割を自覚し協働することができる。

【2年目】
1.卒後1年目のモデルとなりメンバーシップを発揮できる。
2.自己の看護を振り返りチームでの役割を自覚する。

▶ レベルII・・・卒後3~4年後

自己の役割を理解し、日常業務の諸問題に対し優先順位を判断し行動できチーム内でのメンバーシップやリーダーシップを発揮できる。

▶ レベルIII・・・卒後5~6年後

看護部・部署目標達成に向けた取り組みや、リーダーに必要な知識を学び、リーダーとしての能力を養う。

▶ レベルIV・・・卒後7年目以上

病院経営に参画する意識と看護教育について学び、指導者として能力を養う。

▶ レベルV・・・管理・専門分野

現在の医療環境を視野に病院・看護管理を学び、中間管理職としての役割を学び、マネージメントができる能力を養う。

看護部