治療の流れ

治療の流れ

1.放射線治療外来での診察

当クリニックで放射線治療を行うためには、通院されている病院からの紹介や、セカンドオピニオンでお越し頂き、はじめに放射線腫瘍医の診察となります。ご持参された診療情報、画像、問診により得た情報をもとに、当クリニックでの放射線治療を提案します。

1img_flow01

2.治療用固定具の作成と治療計画用CT撮影

2img_flow07

放射線治療では、毎回同じ姿勢を再現できること、また、治療中は同じ姿勢を保つことが重要です。そこで、患者さん専用の固定具を作成し たり、最適な補助具を選択したりします。その固定具を利用し放射線治療を行う姿勢でCTを撮影します。治療部位によっては、MRI検査やPET-CT検査 を実施します。検査の時には、造影剤を利用する場合もあります。

3.専用コンピュータを用いた放射線の照射方法の決定

撮影したCT・MRI・PET-CTの画像をもとに、治療計画専用コンピュータを用いて治療部位と放射線を避けたい正常部位の輪郭を放 射線腫瘍医が登録します。その後、医学物理士や診療放射線技師が、放射線を照射する方法(角度、強度)を複数計画し、放射線腫瘍医が、照射方法を決定します。

3img_flow02
4img_flow03

4.放射線量確認

5img_flow04

治療計画専用コンピュータで計算した放射線量が放射線治療装置から正しく照射されているか、患者さんごとに確認します。また、放射線治療装置を安全に使用するために、定期的(毎日、毎月、毎年)に装置の点検(品質管理)を医学物理士と診療放射線技師で実施しています。

5.治療前診察

6img_flow08

治療開始前に診察を行い、放射線治療の内容を再度説明し、ご理解頂き、治療開始となります。

6.放射線治療

受付をすませた後、検査着に着替えてから男女別の待合室で待機していただきます。ご夫妻でお越しの場合は、個室をご用意いたします。予約 時間になりましたら、担当放射線技師とともに治療室に入ります。室内では、治療計画用CT撮影時に作成した固定具を利用し、治療台の上に横になり治療とな ります。治療時にはスタッフは全員部屋の外に出ますが、マイクを通してお話できますし、スタッフが室内のカメラで常に患者さんの様子を確認しています。1 回の治療は、入室から退室まで約15分程度ですが、実際に放射線を照射している時間は、1?2分程度です。また、治療中は、週1回の放射線腫瘍医による診 察と、看護師・放射線技師による問診により、患者さんの体調や日々の変化を確認します。

7img_flow05
8img_flow06

7.カンファレンス

治療開始後は、放射線治療に関わるスタッフで定期的にカンファレンスを実施し、照射位置の確認、照射方法変更の必要性の有無、治療中の体調の変化などの情報共有を図り、安全な放射線治療を提供することに努めています。

9img_flow09

8.治療終了

放射線治療終了後も、放射線腫瘍医による定期的な診察が必要となります。放射線治療による効果は、治療中のみならず治療終了後しばらく経過してから現れることがあるからです。