看護部

 

教育理念

教育理念

教育理念

看護部目標

  1. 患者中心の心のこもった看護を実践する
  2. 常に自己のスキルアップのための努力を忘れない事
  3. 各人が働きやすい環境を作る(遊び心と思いやり)為の努力を忘れない事
  4. 病院運営に積極的に参画する

行動目標

1)安全の確保
起こりうる危険性を予測し、回避する
*患者確認マニュアルを全員で再確認周知徹底する。
*各職場は疾患や治療に伴う危険性を拾い出し、事故予防を踏まえた看護が提供できるよう常に心がけること。

2)接遇
患者中心の看護に最善を尽くしていることを理解していただくような対応を心がける
*患者様の呼び方はきちんと正しい名前で呼ぶこと。
*患者様のニーズを把握し出来る限りの対応に心がけること。
*患者様・ご家族に声を掛けられた時はきちんと立ち止り、目を見て話を聞くこと。

3)チーム化
一人一人の持てる力を十分に発揮してチームの質を高め、看護の楽しさを語り合えるような良い環境作りを行うこと

看護師の倫理規定(行動指針)

  1. 看護師は、人間の生命を尊重し、また人間としての尊厳および権利を尊重する。
  2. 看護師は、対象の国籍・人種・信条・年齢・性別・社会的身分・経済的状況にこだわることなく対応する。
  3. 看護師は、対象のプライバシーの権利を保護するために、個人に関する情報の秘密を守り、これを共有する場合については、適切な判断のもとに対応する。
  4. 看護師は現実の状況下において個人としてあるいは他者と協力して、常に可能な限り高度な看護を提供する。
  5. 看護師は、対象のケアが他者によって阻害されるときは対象を保護するように適切に行動する。
  6. 看護師は、地域における健康問題の解決のために住民と協力することともに、行政当局の政策決定に積極的に参画する。
  7. 看護師は、常に質の高い看護を提供できるよう個人の責任において継続的学習につとめる。
  8. 看護師は、看護実践の水準を高め、よりよい看護ケアのために研究につとめる。
  9. 看護師は、人々に常に質の高い看護をできるよう看護教育の水準を設定し、実施する。
  10. 看護師は、常に看護水準を高めるような制度の確立に参画し、また看護専門職のレベルの向上のために組織的な活動を行う。

看護部