03-3881-9211 

文字の大きさ

薬剤科

薬剤科


薬剤科は、薬に関するあらゆる業務を行うことにより、患者さんに適切で安全な療法を受けていただくことを目標に支援しております。現在常勤薬剤師4名、薬剤助手1名で勤務しています。

業務内容

調剤業務

処方箋に基づき、入院患者様、救急患者様等へのお薬の調剤を行っています。外来は院外処方箋を発行しています。院外処方箋発行率は100%です。
処方監査の際は、用法用量はもちろんのこと、薬剤の特徴から腎機能等の検査値の確認、重複処方等の確認、相互作用の確認などを行い、疑義が生じた際は処方医に照会し、疑義が解消された場合にのみ調剤を行います。最終監査は調剤を行った薬剤師とは別の薬剤師が行いミスのないようにしています。

注射調剤

外来患者さん・入院患者さんの注射薬の処方箋を受け付け、準備し供給している業務です。
注射薬調剤では、注射処方箋の内容から、投与経路、投与速度、用法・用量が適切かどうか確認を行っています。また、腎機能等の検査値の確認から投与量の計算、薬剤アレルギーの有無などにより薬剤投与が適切か確認し調剤を行います。

薬剤管理指導

入院患者さんの病棟に赴き、ベッドサイドで薬歴に基づく服薬指導やフィジカルアセスメント等による副作用モニタリング、医師等への医薬品情報の提供、病棟の薬品管理等を通じてチーム医療の一員として処方設計や安全管理に参画しています。
入院時は薬剤アレルギーの確認、薬剤の情報提供のため必ず薬剤師が患者様、ご家族と面会しています。情報は今後の治療のため主治医、看護師と共有しています。

DI(医薬品情報管理)

DI室では、医薬品情報・資料の収集と整理・管理を行い、患者様や医療従事者へ情報提供や薬に関する問い合わせに対応しています。
緊急安全情報(イエローレター)など重要度の高い医薬品情報を入手した際には、当該薬品が処方された患者様を特定し、処方医師へ適正使用情報を周知しています。また、院内向け医薬品情報ニュース(DIニュース)を定期的に発行し、医薬品の適正使用促進を図っています。