がんについて

がんについて

がんの現状

がんによる死亡は昭和50年代中頃に心疾患を抜いて死因トップとなり、依然として国民の死因トップとなっています。
男性では肺がん、胃がん、大腸がんが3大死因であり、女性では順位は違いますが、やはり大腸がん、肺がん、胃がんとなっており、乳がんも急速に増加してきています。

1img_cancer07

早期発見が大切です

1img_cancer08

3img_cancer09

がんを防ぐ12か条
1. バランスのとれた食事
2. 毎日、変化のある食生活を
3. 食べ過ぎをさけ、脂肪は控えめに
4. お酒はほどほどに
5. たばこは吸わない
6. 食べ物から適量のビタミンと繊維質を多くとる
7. 塩辛いものは少なめに、あまり熱いものはさましてから
8. 焦げた部分はさける
9. かびの生えたものに注意
10. 日光に当たりすぎない
11. 適度にスポーツをする
12. からだを清潔に

たばこには、がんだけでなく糖尿病、勃起機能不全、異所性妊娠、冠動脈疾患など様々な疾患と関連がある事がわかってきています。上記12か条に注意し、まずはがん予防を心がけましょう。

がん診断(PET-CT検診)

PET-CT検診によって、がんの部位や範囲がわかります。また、治療後は、その効果も確認できます。
最新装置を用いると、従来の装置と比較してがんをより鮮明に映し出す事が可能です。

PET-CT装置

• 従来装置に比べ短時間、低被ばくで検査可能です。
• 呼吸による動きの少ない、高精度4次元PET-CT画像が撮れます。

     img_cancer03 

img_cancer04

がん治療(放射線治療)

最新の高精度放射線治療で「切らずに治すがん治療」を実践します。

高精度放射線治療

  • 強度変調放射線治療(IMRT)

    放射線に弱い臓器をさけながら、がんに集中して放射線を照射することができます。
    (有用な部位: 脳・頭頸部・前立腺 など)

  • 定位放射線治療

    ピンポイント照射と呼ばれる高精度な放射線治療も行えます。
    (有用な部位: 脳・肺・肝臓・骨転移 など)

img_cancer05

img_cancer06