04-7131-2000

文字の大きさ

脳神経外科

脳神経外科

dr_men_50 脳神経外科医
鈴木 泰篤(すずき やすひろ)
最終学歴 昭和大学 医学部
 経歴 新潟大学脳研究所脳神経外科
長野赤十字病院脳神経外科
昭和大学脳神経外科
University of Iowa(USA),Interventional
Neuroradiology Service

資格

(専門医)

医学博士(昭和大学)
日本脳神経外科学会専門医
日本脳卒中学会専門医
日本脳神経血管内治療学専門医
介護保険専門医(ケア・マネージャー)
専門分野 脳血管障害
脳腫瘍
頭部外傷

【鈴木 泰篤 医師】

当院は、脳⾎管障害(くも膜下出⾎、脳出⾎、脳梗塞など)や脳腫瘍、頭部外傷など種々の脳疾患を対象としており、外科的治療と⾎管内(カテーテール)治療を駆使し治療を⾏います。

外科的治療に関しては、脳⾎管障害(脳動脈瘤クリッピング術、頸部頚動脈内剥離術、脳⾎管バイパス術、脳内⾎腫除去など)、脳腫瘍 頭部外傷、顔⾯けいれんや三叉神経(微⼩⾎管減圧術)などへの脳の⼿術を⾏います。

⼀⽅脳⾎管内治療は、⼿⾸や⾜の付け根の⾎管からカテーテルを脳や頸部の病変部へと到達させて治療を⾏います。
体に傷を創ることはなく、痛みもありませんので、患者さんの体への負担が少ないのが特徴です。脳動脈瘤(くも膜下出⾎)、脳や頸部の動若の狭窄、脳の⾎管の閉塞(発症ご数時間以内の脳梗塞)、良性脳腫瘍(腫瘍栄養動脈塞栓術)などが治療の対象となります。神経放射線科医と協⼒して⾏います。

病態と患者さんの希望を⼗分考慮し、両者の治療および保存的治療を選択・組み合わせて対応しております。また、治療難易度の⾼い病態に対しては、昭和⼤学脳神経外科、筑波⼤学脳神経外科とも連携し、適切な治療法を提供いたします。

術後の病棟で集中治療を⾏い、早期から選任の療法⼠によりリハビリを⾏っています。

《 脳動脈瘤クリッピング 》

 

《 脳動脈瘤コイル塞栓術 》

《 頸動脈内膜剥離術 》