logo

044-277-5511

文字の大きさ

 

PRP療法とは

PRP療法とは

PRPPlatelet Rich Plasma)は多血小板血漿と訳され、 血小板を濃縮した血漿のことです。

血小板には創傷治癒や組織再生に効果的な成長因子が多く含まれており、PRPを局所に移植することによって組織再生を促します。

PRP療法は患者の自己血液を手術前に採血し、その血液から濃縮した血小板を採取して、手術部位に填入して組織再生を促します。ご自身の血液を使用するため安全な治療法です。以下の手順で治療を行います。

(1)前腕の静脈から採血します(1517ml)。

(2)採取した血液を2回遠心分離します。

(3)遠心分離後、血小板が濃縮されたPRP部分を採取します(クリーンベンチ内で実施)。

PRPは厚生労働省に認可されている再生医療の一種で、当院は認可を受けております。

この治療は保険外診療になります(費用は担当医にご確認ください)。

図1