logo

044-277-5511

文字の大きさ

フットケア外来について

 昨今、糖尿病の患者数が日本全国総数で316万人(平成26年度調べ)を超え、糖尿病等の合併症で苦しんでいる患者様は増加傾向にあります。当院では総合診療の観点からこのような患者様の治療をより速い段階からケアするためにフットケア外来を開設しております。

 フットケア外来は、患者様の足の状態をチェックして、診察・検査を行い、診断・治療だけでなく日頃の管理やスキンケアなどに至るまで広い範囲の診療を行っています。そのため当来では、様々な科の医師だけでなく、WOC(皮膚・排泄ケア認定看護師)看護師・理学療法士・栄養士・検査科・装具作成など、多くのスタッフが関わって診療をしています。

 糖尿病性壊疽や下肢閉塞性動脈硬化症(足の血管の動脈硬化による血流不足)による症状を認め、早期診断・治療を行わなかった場合には、壊疽/感染が悪化し、最悪下肢切断になる可能性があります。そのため早期に診断し、適切な行う必要があります。

 また、当外来では糖尿病壊疽以外に、冷感・しびれ・間欠性跛行・痛み・潰瘍などを起こす閉塞性動脈硬化症や、こむら返り・むくみ・だるさなどを起こす下肢静脈瘤や、その他リンパ浮腫・深部静脈血栓症・陥入爪・たこ、魚の目など様々な病気を扱っております。

 足の症状でお困り・気になった方は、一度フットケア外来を受診していただけましたらと思います。