044-277-5511

文字の大きさ

 

乳腺外科

乳腺外科

乳がんが増えています
当院の検査・診療内容
担当医

当院の乳腺外科 外来は、予約なしで受診が可能となっています。
お気軽にお問い合わせください。

"乳がんのことは心配だけど、どこに行ったらいいかわからない。"
"近くの病院には外科しかなくて、乳腺専門の先生がいるのかどうかわからず不安だ。"
このような患者さんの声を、よく耳にします。

乳がんを発見するきっかけとなる症状の90%以上は「しこり」です。痛みは原則としてありません。また、乳房にしこりが見つかっても、ほとんどは「乳腺症」など良性の病気ですので、むやみに不安がる必要はありません。しかし、がんと鑑別しにくいものもありますので、しこりが触れたり「何か変だな」と感じたら、自分で判断しないで、迷わず専門医を受診することが大切です。

AOI国際病院ではこのような患者さんのニーズに応えるため、乳腺専門外来を開設しております。

受診された日にマンモグラフィ乳腺超音波検査を受けて頂ける体制を整えております。病院によっては、せっかく病院に足を運んでも検査は別の日ということもしばしばありますが、当院ではお待たせしません(乳腺専門外来では外来にいらっしゃる患者さんが多く、診察までお待たせする時間は長くなることがありますが) マンモグラフィと乳腺超音波検査の結果は、当日ご説明致します。

もし乳房にしこりが発見された場合にはその日のうちに生検(細胞や組織を採取すること)まで施行可能です。もし乳がんと診断されても、適切な治療計画を立て、患者さんが納得して受けられる治療に努めます。

もちろん、セカンドオピニオンなどご希望がございましたら、遠慮なくお伝えください。適切な施設をご紹介させていただきます。

担当医

岡本 譲二(おかもと じょうじ)
大阪医科大学(1991年卒)
資格 専門医: 日本外科学会専門医
日本乳癌学会認定医
検診マンモグラフィ読影認定医
The Best Doctors in Japan 2016-2017
経歴: 1991年3月 大阪医科大学卒業
1991年5月 社会福祉法人 三井記念病院外科レジデント
1995年4月 東京女子医科大学 内分泌外科助手
1998年4月 札幌医科大学 第一外科
2002年4月 聖マリアンナ医科大学 乳腺内分泌外科助手
2004年4月 社会福祉法人 三井記念病院 乳腺内分泌外科医長
2009年4月 日本鋼管病院 乳腺外科
2013年8月 戸塚共立第1病院 乳腺外科
2018年10月 AOI国際病院 乳腺外科

乳がんの治療は多様化しており、一般・消化器外科医では対応が困難になってきました。そこで、最近は乳腺外科や乳腺科などの専門外来を開設する病院も増えてきています。

私は初期研修の4年間を三井記念病院外科で修練致しました。外科全般を学びましたが、乳房温存手術を早くから行っていた病院でしたので、乳がん患者さんも多く、手術を経験する機会も数多くありました。この頃から乳がんという病気に興味を持ち、将来は乳腺外科医になりたいと考えるようになりました。

その後、東京女子医科大学・内分泌外科、札幌医科大学・第一外科(乳腺チーム所属)を経て、2002年から聖マリアンナ医科大学・乳腺内分泌外科に所属し、乳がん診療の第一人者である福田護教授から学ぶ機会を得ました。聖マリアンナ医科大学では整容性の高い手術を学び、また、高い精度の画像診断についても学ぶことができました。

2004年からは初期研修で学んだ三井記念病院・乳腺内分泌外科のスタッフとして、数多くの乳がん患者さんの治療に当たりました。

2018年10月からAOI国際病院において新たに乳腺外科を開設し、発展させるという新たなチャレンジのために当院に異動致しました。

術前の正確な画像診断に基づく整容性の高い乳房温存手術を得意としております。

乳がんの治療には抗がん剤治療もあり、様々な副作用が伴うこともあります。副作用をできるだけ軽減するための薬物も積極的に使用し、苦痛の少ない治療を心がけています。脱毛に代表されるような副作用は避けられませんが、QOL(生活の質)の向上をサポートできるよう務めます。

最後に、治療の方針は一人ひとり同じではありません。

患者さんに最も合った治療を乳腺外科医のみならず病院全体で考え、提案し、患者さんが直面している乳がんという病気克服のためにサポートしていきたいと考えています。

詳細は画像をクリックするとご覧いただけます

パンフレットのダウンロードは こちら から

tantoui_btn