logo

044-277-5511

文字の大きさ

 

麻酔科

麻酔科

“麻酔”は“手術”に伴う肉体的“痛み”、ときに精神的“痛み”を緩和するためのものであり、そしてそんな麻酔の専門家が麻酔科医です。

<麻酔について>

麻酔は大きく全身麻酔と局所麻酔に分かれます。全身麻酔は意識の消失•痛みの消失•不動化という3つの要素が満たされた状態であり、主に吸入麻酔薬•静 脈麻酔薬(麻薬性鎮痛薬を含む)•筋弛緩薬等の投与によって行われます。一方、局所麻酔は意識の消失を伴うことがなく、脊椎麻酔いわゆる「腰から下の麻 酔」、硬膜外麻酔、神経ブロック、局所浸潤麻酔などがあります。さらに、全身麻酔と局所麻酔を併用した麻酔管理も行われ、手術の種類、部位、患者さんのもつ合併症などの手術背景によって最良と思われる麻酔方法が選択されます。また麻酔方法は患者さんが選ぶこともできますよ!

<手術後の痛み>

かつて手術後は痛いのが当たり前というような考え方でしたが、最近は麻酔科医を中心に痛みを最小限にする方法が検討されており、痛みは我慢すべきではないとまでいわれております。
痛みを取るための方法は、鎮痛剤の積極的使用、神経ブロックの併用や持続硬膜外麻酔、鎮痛剤の持続静脈内投与などで、患者さん自身で痛みを感じたときに薬物投与可能なシステムもすでに臨床使用されております。
近年の高齢化社会にともなう手術患者の高齢化による高齢者の手術件数の増加、手術手技並びに手術機器の進歩に伴う手術の難易度の上昇などが目を引く中 で、新しい麻酔薬、関連薬剤の開発、麻酔関連機器の進歩などに後押しされつつ麻酔科医は患者さんの利益を最大限に考え日々の臨床を行っております。

担当医

dr_kaneda麻酔科部長:金田 徹
琉球大学医学部医学科卒業(1987年)
専門分野:臨床麻酔全般、蘇生学
資格・専門医:医学博士(慶應義塾大学)
日本麻酔科学会専門医・指導医・ワーキンググループサテライトメンバー
日本蘇生学会指導医・評議員・学会誌編集委員
日本心臓血管麻酔学会暫定指導医・評議員
日本臨床モニター学会評議員
日本臨床麻酔学会評議員
日本老年麻酔学会指導医
米国麻酔学会会員