logo

044-277-5511

文字の大きさ

 

呼吸器科

呼吸器科

高齢化に伴い、呼吸器系疾患は増加の一途をたどり、喫煙に起因する肺癌と慢性閉塞性肺疾患(COPD)は、今後長期にわたって増加することが予想されています。また、激減した結核もここ数年は減少に陰りがみられ、特に高齢者の結核の増加が問題となっています。

呼吸器科が担当する疾患は、肺炎・結核などの感染症、喘息をはじめとしたアレルギー疾患、肺癌をはじめとした腫瘍性疾患、COPDといった喫煙関連疾患、さらに間質性肺疾患、睡眠時無呼吸症候群などと多岐にわたります。
現在、常勤内科医は一名ですが、各分野の第一人者の医師が非常勤でおりますので、幅広い領域で質の高い診療を行っております。今後は、外科と協力し、各疾患、とくに肺癌の集学的治療もおこなっていく予定です。
尚、肺癌治療に関しては、従来の手術療法・化学療法以外に、「がん免疫細胞療法」を行っており、又肺癌のがん免疫細胞療法を本年度より国家戦略特別区高度 事業として認められました。その他禁煙指導や、睡眠時無呼吸症候群の診断・治療にも積極的に取り組み、地域の方の健康増進のお役に立てるよう、なお一層努 力致します。呼吸器の病気は、肺癌など自覚症状に乏しく、早期発見の難しい病気もありますが、咳、喉の痛み、呼吸困難、胸の痛みなどの症状がある方、健診 で指摘された方、なんとなく不安のある方は、早めにご相談にお越しください。

担当医

dr_matsuoka松岡 健
東京医科大学卒
専門分野:内科(呼吸器)
資格/専門医:医学博士
日本内科学会認定医
日本呼吸器学会指導医・専門医

 

dr_men

非常勤医師: 

阿座上 真哉  伊豫田 明

木田 博隆   新海 正晴

澤田 哲郎   金子 猛

高橋 篤

 

dr_women

非常勤医師: 

東 陽子

 
tantoui_btn