logo

044-277-5511

文字の大きさ

 

血管造影室

血管造影室

脳血管撮影室

脳血管内治療とは、カテーテルという非常に細い管を血管の中に挿入し、このカテーテルを通して治療する方法です。専門のスタッフが行います。脳動脈瘤や脳 動静脈奇形のコイル塞栓術、頚動脈狭窄のステント留置術、腫瘍の術前塞栓術、急性期脳梗塞の塞栓溶解術など様々な脳神経疾患の治療を開頭術を行うことなく 低侵襲に行うことができます。

angio01

angio02

心臓血管撮影室

当院におけるカテーテル治療は以下のとおりです。

虚血性心疾患(狭心症、心筋梗塞など)に対するバルーン、ステントを使用したカテーテル治療

不整脈

  1. 頻脈性不整脈(心房粗動、心房細動、上室性頻拍症、心室性期外収縮など)に対するカテーテルアブレーション
  2. 徐脈性不整脈(洞不全症候群、完全房室ブロックなど)に対するペースメーカー植え込み術
  3. 末梢動脈疾患(下肢閉塞性動脈硬化症、腎動脈狭窄症、頸動脈狭窄症、シャント不全症など)に対するバルーン、ステントを使用したカテーテル治療

心臓病の診断には、胸部X線・心電図・超音波検査などの検査がありますが、今後の治療方針を決定する際に、極めて重要な情報を与えてくれるのが心臓カテーテル検査です。
虚血性心疾患が疑われる場合では、心臓カテーテル検査なしでは、正確な診断と適切な治療方針の選択ができません。(カテーテル:細長く軟らかい管)。カ テーテルを足の付け根や腕、手首の動静脈から体の中に入れ、血管に沿って先端を心臓まで持って行き、心臓の働きや病気の種類・重症度を詳しく調べます。

検査自体による死亡または重篤な合併症が発生する率は一般的には 0.1%以下とされています。カテーテルによって血管が傷付いてしまう等による重篤な合併症は、機器や技術の進歩に伴って非常に稀なものとなっており、熟 練したスタッフが行えばほとんどありません。また、検査中および検査後は、心電図、血圧の監視等で、確認をし、速やかな対応がとれるようしています。

カテーテルを用いた冠動脈疾患の様々な治療を包括して、PCI(Percutaneous Coronary Intervention、経皮的冠動脈治療)といいます。PCI治療によって冠動脈をうまく拡げれば、血液の流れが良くなり、短期間の入院でこれまでと 同じように日常生活を送ることができます。

また、当院では冠動脈に対する治療だけでなく、下肢や、上肢、頸動脈、腎動脈、シャント血管などの血管に対する、バルーンやステントを使用したカテーテル治療も積極的に施行しております。

さらに、心房粗細動や上室性頻拍症や心室性期外収縮に対する、カテーテルを使用した根治的な治療(カテーテルアブレーション)を施行しております。
不整脈の代表的な治療方法であるカテーテルアブレーションは、アブレーション治療用のカテーテルで不整脈を起こす原因となっている異常な電気興奮の発生箇所を焼き切る治療法です。

また、洞不全症候群や、完全房室ブロックなどの徐脈性不整脈に対するペースメーカー植え込み術も施行しています。ペースメーカーは本体に接続されたリー ドを介して心臓の電気信号を24時間監視し続け、患者さんの心臓リズムを整える必要がある場合には本体から電気刺激を送って治療を行ないます。

angio03